第2回SEP(SST)実践者養成研修:報告②

2011年10月1日 東さくら園

こんにちは。

前回に引き続いて、「第2回SEP(SST)実践者養成研修<初級>」の2日目を報告いたします。

 9月11日(日)

午前中は、キャリアコンサルタントである中澤良子氏による「シングルマザーの就労支援における課題」について講義がありました。 

就労支援にあたって・・・

その中では、シングルマザーの就職活動における問題点と具体的な支援対策についてお話があり、利用できる各種制度の情報提供もありました。 

午後からは、「実践者養成」の名にふさわしく、グループワークによる練習が重ねられたのですが、まずは参加者の方5名を要支援者に見立てて、実際に藤木氏のファシリテートによるSEP(SST)が行われ、それを全員で観察しました。

気持ちがラクになるように認知を・・・

そして、参加者の皆さんは小グループに分かれ、ファシリテーター役・ホワイトボードに板書する役(重要!)・要支援者の役を交代しながら数回練習を行いました。 

ここでも、参加者の皆さんは意欲的に取り組まれ、会場は熱気に包まれていました。
(私はファシリテーターにトライしてみましたが、見るとやるとでは大違い、なかなか思うようにはいきませんでした・・・(>_<)) 

SEPを広めていきましょう!

そして、質疑応答と参加者全員によるふり返りがあり、参加者の皆さんからは、「とてもよい学びとなった」「SEP(SST)を持ち帰りさっそく始めてみたい」等の感想が聞かれました。 

最後に、参加者の皆さんに修了証書の授与があり、記念の集合写真を撮影して、今年の「SEP(SST)実践者養成研修<初級>」は無事に幕を閉じました。                                    

 

多くの方々のご参加とご協力があり、(私たちも含め)参加者の皆さんが出会い、刺激し合い、学びを深め合えた実り多い研修になったと思います。 

熱い気持ちと高い問題意識を持ち寄られた参加者の皆様、藤木美奈子様、中澤良子様、WANA関西事務局の川越様、関西大学臨床心理専門職大学院の学生の皆様、会場のクロス・ウェーブ梅田のスタッフの皆様、ご支援いただいたオムロン労働組合西部支部様、本当にありがとうございました! 

藤木氏・中澤氏とはすでに来年の開催に向けて構想を練り始めています。

今年(昨年)参加された方、今年は断念された方、新たに興味を持たれた方、皆さんと来年お会いできることを楽しみにしています!